現在の給湯器、その種類

現在の給湯器、その種類

私は昔川崎市の方に一人暮らしで住んでいたことがありました。

その川崎の賃貸アパートには給湯器が設置されていました。

一般的にイメージされるガス式のもので、ボタンを押して点火し、水をお湯に変えるタイプのものでした。

川崎の方というと都会のイメージだったので、給湯器がついているのには当時驚いたものです。

給湯器というと、ガスや電気、石油など熱源も様々ですが、今では太陽熱によるものも主流になってきていますね。

電気式のものよりもコストが安く済むというものをコンセプトに開発されたものも人気のようで、ご家庭にすでに設置しているという方も多いのではないでしょうか。

ガス式のものにもエコをコンセプトにしたものが開発され、二酸化炭素排出量の削減などのメリットがあるようです。

日常で使うものが環境に配慮されている上にコストも安というのは、今の時代では欠かせない要素なのかもしれません。

上述したものの他にも沢山の種類があるため、これからご購入を考えている方はしっかりと調べて、自分の家に合うものを選んでくださいね。

オール電化に合わせた電気式給湯器

川崎市に住んでいた頃、よくオール電化マンションのチラシが家のポストに入っていました。

その頃はまだオール電化という言葉が一般的ではない頃でしたので、川崎でもお金持ちが購入するような高級マンションでしか使われないだろうというイメージでした。

現在では小さなマンションでもオール電化にしているところが増えており、川崎だけではなく東京などの方でも多いですね。

オール電化というだけあって、給湯器も勿論電気式です。

電気給湯器には、電熱ヒーターを使うタイプと、熱交換を使ってお湯をわかすタイプに分けることが出来ます。

電気料金が割安な深夜帯の時間に貯湯タンクにある水を沸かして、それを昼間に使用するというのが一般的ですね。

川崎の給湯器について

現在では大気熱を冷媒に移して、その熱でお湯を沸かして使用するというエコなものが開発されています。

自治体によってはそういったエコなものを導入することで補助金を得ることも可能なようです。

環境に優しい給湯器をお求めの方は、検討してみてはどうでしょうか。